VWOCN HP

vwocn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ホリディメンテナンス( 1 )


2014年 10月 18日

ディリーユース限定メンテナンス

a0282476_101823100.jpg

約1ヶ月、仕事の合間をぬって行なった、乗り出し前メンテナンス。

この作業は、雨の日は乗らない、ファクトリーペイントの雰囲気をそのまま残したい車両には、必要のない作業です。
そのようなクルマは、サビや塗装のヤレも貴重な歴史の証人。
ヘタに手は加えたらいけません。

今回の作業は、雨の日も雪の日も毎日付き合い
「末永く乗りたい」人にお勧めの作業で、10年単位で買い換える人に必要のない作業です。
毎日乗りたいはごく全うな要求ですが、実は一番お金が掛かり、一番贅沢なVWとの接し方だといづれ気付くでしょう。
今のクルマと違い、古いVWのボディは錆びやすく、目減りしやすいものなのです。
それを知ってて、このぐらいしてないと、夜露にも塗らすのが心苦しい人には必須です。

あと、この作業のベースとなる個体は、基本的にノンレストアの極上車が望ましいです。
外観はきれいでも、内部にはサビによるガンがマンエンしてる車両は、現在、現存するVWの9割以上と言っても過言ではありません。
最初に、沢山の足を使い、多くのコネクションを用い、ノーマルの人の意見も聞かず、世間では高いねコレ!よくこんなの買うな!?と言われるぐらいの個体の方が後々長く乗れる、本当に経済的な良質の個体をひたすら探すのです。
もし、悪いものを最初から良い状態に持っていくなら、最初に4~500万円ぐらいかけたレストア車からこの作業をスタートしなければ。
それでも、VW社で作った新車にはサラサラ叶わない。
その事実も知っておく必要があるし、いいものが欲しければ、レイトモデルのビートルでも300万円でも安いと言われる時代になりつつあるでしょう。

一部の内容は、それぞれの個体により必要のない作業もあります。

作業内容の紹介は、掻い摘んで作業のパートごとに進行順にお伝えします。


More
[PR]

by VWOCN | 2014-10-18 12:21 | ホリディメンテナンス | Comments(1)