VWOCN HP

vwocn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:VWOCN・Friends( 2 )


2013年 02月 08日

志村さん

a0282476_19195.jpg
a0282476_19151100.jpg

初めて彼のロケットを見たとき感じたのが、「ああ、この人、本当にVWが好きだから、オリジナルを大切にするんだな~」と感じたことでした。
その頃は6Vルックを代表に、古く見せるモディファイが主流でした。
そこにこのロケットを持ってきて、堂々と高年式のかっこいいデティールを伸ばしてカスタムしている。
高年式的なもののネガな部分をポジティブに変える、ワーゲンを素直に見ている証拠です。
その感性ってこの18年前ってまだ一部のマニアしか持って無く(私も当然マダマダでした)、大体はキャルかビンテージのどちらかだけで精いっぱいで、彼の様にボーダレスに自然体でVW全体を楽しむスタイルは、私自身、かなり影響を受けました。
昔の写真を見て、今の彼のVWを見てもベースは変われど、「シムラ節」は現在進行形なんだな~と思います。
キャルでこの記事を企画、編集した人は、日本一VW変態と思われる(当社調査)現ストブイ編集長の古内さんです。
電車や、バスネタでVW好きをカモフラージュしてますが、実はVWに対しての情熱がストブイ発刊の原動力だと忘れてはいけない、実態はAAA級のVW変態です(笑)
私もこの記事には、かなり刺激を受けました。
またこの頃は「ロケットもいいよね~、でもオレは、ロクナナ止まりかな~」なんて、ロケットが好きだ!と大声で叫ぶと変態扱いされる頃でした。
高年式信者の踏み絵でしたね、ロケットは(笑)

一応、現在はストラット含め、オールラウンドに空冷VW趣味が認知されている時代になりましたが、某編集長が、実はまだその時代から高年式に対する偏見は「ロケット特集」をした18年前と変わっていないんじゃ無いか?との話が印象的でした。
確かにコアな少数派の趣味のオフ会の様に、インターネットのおかげで、昔はアンダーグラウンドと言われたジャンルが市民権を得る時代。
でもまだ実は、ストラット好きに発言権が与えられてると思っているだけで、ホントは隔離されたマニアの狭い部屋だけのつぶやきで終始しているのかも知れません。

VWホビー先進国日本と堂々と言えるのは、まだまだでしょうか?

[PR]

by VWOCN | 2013-02-08 19:28 | VWOCN・Friends | Comments(0)
2012年 10月 27日

アライグマさん

a0282476_1747285.jpg

時は1986年、ジム・ラーセンもスペシャルゲストで呼ばれた幻のイベント、フジのファミリーデーにアライグマさんのTYPE-3の写真を撮っていたメンバー、HOTーHさんの撮影による写真です。
実はHOTーHさんもガチガチのTYPE-3野郎で気になる一台だったのでしょう。

アライグマさんは、20歳のころにノッチを入手したとのこと。
ハタチでガチガチのビンテージ野郎。気持ち悪すぎです(笑)
だからオレと気が合うんでしょうか?気持ち悪い仲間どうしで。
今でも車づくりのスタンスは、小僧の頃のビンテージスタイルが基本にありますよね、お互い(笑)

すごいことに、Hot VWsに取材を受け、名前とともに掲載されたとのこと。
本場アメリカのジャーナリストにもクルマのオーラが理解できたのですね。
そ~か~、それからチューシこいて今があるのか(爆)

すごいことにまだ、このノッチは手元にあるそうです。
いつかはまた乗るのかな?
楽しみにしてますよ♪
[PR]

by VWOCN | 2012-10-27 17:51 | VWOCN・Friends | Comments(0)