VWOCN HP

vwocn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 24日

2012・8・17~24 Northern country キャラバン

PHOTO&レポート TOMBO

a0282476_19311411.jpg
8月17日から24日までの8日間、私単独でS-Pickにエリバを牽引しながらの旅の様子をレポートします。
前回の北海道ツアーからまだ2ヵ月を経過してませんが、好きだからしょうがない(笑)
クルマ好きなら、トコトン走れる北海道は、まさしく聖地と言えるでしょう。




a0282476_19335670.jpg
8月18日早朝、小樽上陸。
コンビニの駐車場でも我が家のような朝食です。
元オートバイのツーリングライダーは、どこでも普通に過ごせます(笑)

a0282476_19365034.jpg
富良野の駅前で昼食です。
地産地消なオムカレー。
凄く旨い!ここでしか味わえない幸せです。

a0282476_19401585.jpg
今晩の宿泊地、南富良野町の『かなやま湖オートキャン プ場』に到着しました。
8年ぶりに、エリバのサイドテントの組み立てをトライしたらペグやロープが無くて断念。
確か、8年前は、人に借りたんだっけ? 明日、探してみます。
でも、北海道だと、道すがらに買えるのは、主要都市だけだから難しいかも。

a0282476_1946060.jpg
8月19日です。
皆様、お早う御座います。
本日は、道東を目指します。

a0282476_19493255.jpg
今朝のコンビニ駐車場での優雅な朝食(笑)
パトカーに乗ったお巡りさんにも、レイトS-Pickがレアと解るらしく質問攻めに会う。
ついでにおまわりさんにカメラのシャッター、押して貰いました。
立ってるものは公僕でも使え(笑)

a0282476_19511376.jpg
樹海の人さらい(笑)
客観的な写真によって知らされる真実は時に、ああ無常です・・・ジャンバルジャンです(笑)
自分でも驚くほどデブ野郎になりました(笑)
まるでゴリラと人間の合いの子か、ジャイアンがオヤジになった絵か。
金看板の事務所に居そうな雰囲気も出てるし、変な貫禄って言うか(笑)
こんな人、前から来たら、オレでも目をそらすな(笑)
釧路湿原の周遊コース。
上がったり下がったりと2.5km以上ありました。
止めときゃよかった(涙)

a0282476_19584366.jpg
今晩の宿、釧路湿原の湖畔にあるキャンプ場です。
昨夜の宿、富良野と比べると釧路は、霧の町、幾分か湿気がある寒さです。
夕食の準備中。
炭火もいい塩梅になってきました。
こちらは、日中から気温が低い為、いい感じに体が暖まります。
これから焼き肉、行きます(笑)

a0282476_2014564.jpg
皆さん、お早う御座います。
8月20日の朝です。
夜霧で濡れた、キャンプ道具たちを乾かしながら朝食を取ってます。
湖畔を眺めながら、心地よい時間を過ごしてます。
今日は、知床半島を目指します。

a0282476_2084930.jpg
地平線がパノラマで見れる開陽台。
本当に地球の丸さが感じられます。
ここでも、S-Pick&エリバは、バイカーを含むツーリストたちから質問や写真撮影の嵐です。
どちらかと言うと、珍しがられるは、エリバよりS-Pick。
タイプ2人気は、VW乗りで無い方に深く浸透しているからでしょう。
エリバに対し、一人だけマニアぽいバイクのおじさんが「コレ、古いハイマー製だよね?」と言われた時はゾクっとしました(笑)
S-Pickに対しては、「切って作ったのですか?」なんて面白い質問が多かったです。

a0282476_20101664.jpg
アップダウンの続く、数キロに及ぶ直線道を走ります。

a0282476_20111950.jpg
今晩のキャンプ場にエリバを切り離して身軽になり周辺をドライブ。
国後島の見える野付半島の突端にて。
手がすぐ届きそうな距離に有ります。
どう考えても日本ですよね。
次回は、S-Pickを国防色にして、日の丸、菊の紋章です(笑)

a0282476_20134064.jpg
北方領土に近い町、別海町の温泉で汗を流します。
温泉こそ地産地消なもの。
泉質も良く、旅情を誘います。
ここは、むかしむかし、家風呂が普及するまでの銭湯として地元の方に親しまれていたところです。
北海道の田舎には、銭湯は意外と一町村にひとつは、有りました。(20年前の話だが)
キャンプの旅で風呂に困りません。

a0282476_2019323.jpg
風呂上がり、キャンプ場にて。
S-Pickのベッドは、広大な調理台になります。
これでホロが付けば最高なんですが、まず無い。
作ったら引きあいがボチボチあるかな~。
KSさんなら、売れないマニアライクなパーツ、作るの好きだから相談しょう(笑)

a0282476_20283188.jpg
8月21日、朝です。
今日は、子供が狂喜乱舞する遊具がたくさんある、網走の向こう、遠軽町のキャンプ場まで北上します 。

a0282476_20302440.jpg
知床峠。
壮大な自然の中を走ります。
トゥーイングする人は、ビックモーター2110cc以上、排気量によって生まれる太いトルク、それも最大トルクが2500RPMで出せるエンジンを作れば、まず日本国内の道路で上がれない坂道は無いでしょう。
車両も牽引側は、トレーラーに対し2倍以上の車重があると安定性の高い走行が望めます。
すごい登坂車線でもこの組み合わせなら4tトラックと同等の走りでした。

a0282476_20354680.jpg
牧草をロールケーキみたいに巻き取る装置の付いたトラクタ。デカイ!
うちのボウヤが喜ぶかなと見たけど無反応。
かわいげないな(笑)

a0282476_20375842.jpg
今晩の宿は、遠軽町の,『丸瀬布いこいの森オートキャン プ場です。
途中、知床半島で買った生きたタラバ蟹をこれから刺身 と炭焼きで頂きます。
みなさん、ごめんなさい(笑)

a0282476_2039466.jpg
8月22日、晴れ、気持ちいい朝です。
起床時、気温は20度ぐらいでしょうか。
昨日の日中の32度と比較してかなりの温度差があります 。
新潟は暑いって?(笑)
今日はひたすら海岸線を走りたいため、日本最北端、宗 谷岬を目指し、300kmの道、太平洋沿いを走ります。

a0282476_20454672.jpg
クルージングスピードはこんなぐらいです。
タイヤの外径等、実質速度を補正すると時速90Kmくらいです。
北海道の郊外は、80~90Km位が平均的な速度です。
だから事故起こすと死亡に至る事が多いのでしょうね。

a0282476_2041042.jpg
と、宗谷岬めざして100km北上して、気がついた。明日帰りのフェリーじゃん(笑)
休みボケで1日サバ読んだ。
これだけボケれれば、リフレッシュ休暇、大成功ってところでしょう(笑)
これから小樽までキャノンボールに変更です。
写真は、Uターン地点(*_*)

a0282476_20464616.jpg
これまでの行程。
雨も降らず、車の顔は虫だらけです。
蜂さんがVWにケンカ売っても勝てません(笑)

a0282476_20511853.jpg
毎晩、次の日の目的地を決めます。
それでもその決めた日の昼ごろには大体変更します。
今回、予定外(そもそも予定てナニ?)のルート変更。
あせるなかでも、転んではタダでは起きない(笑)
予定外のルート、それも交通整理で回り道して偶然、名寄市で除雪で活躍した蒸気機関車に出会いました。
普通に走っては、まず通行しない道沿いでした。
汽車にボウヤを乗せて大喜び♪
おとーさん、これがKDFとかだったらいろいろ、ウンチク垂れれたのにな~(笑)

a0282476_20544618.jpg
時間を稼ぐため、高速道路に乗りました。
暑さと睡魔と闘いながら、高速道を南下して行きます。
ボウヤは寝てるのではなく、写真を向けると、ふざけて目を閉じてます。
まともな写真が取れない・・・
そういえば、オレもいい年なるまで、まともな写真は撮れなかった(笑)

a0282476_20553680.jpg
無事、今晩の宿、石狩平野にある新篠津村,『道の駅 たっぷの湯』に到着しました。
うっかり勘違いして、1日早まった帰宅日?、北海道最後の夜は、上げ膳据え膳、温泉付きで楽します。
ここから札幌まで50分、フェリー乗り場のある小樽まで 1時間半ぐらいでしょか。
明日は、寝坊こかない用、気を付けます。

a0282476_2057947.jpg
8月23日、北海道、最終日です(涙)
写真は、朝5時の朝焼けの様子ですが、今しがたから、 北海道が我々と別れを惜しむのか、涙の様な雨が降って きました。
今回の旅で唯一の雨です。
後ろ髪を引かれつつ、これより小樽へ向かいます。

a0282476_20592143.jpg
これより小樽からフェリーに乗って新潟に向かいます。
こっちの気温は、25度くらいですが、新潟は、35度だそうで(*_*)
そのまま、もっと北に行きたいです(笑)

a0282476_2111421.jpg
さよなら北海道。さよなら愛しい日本のマイフレンドたち(笑)
暑い本土にはさらさら帰る気がしません。
フェリージャックしてロシアに向かいます。(;_;)/~~~

a0282476_2123452.jpg
8月23日、午前6時、新潟港に帰ってきました。
やはり新潟、朝からモヤっとした暑さです。
今日1日は、クルマやキャンプ用品の手入れをしながらシャバの空気に心と体を慣らしていきます。
皆様、ご静聴、ありがとうございました!
[PR]

by VWOCN | 2012-08-24 21:08 | プライベート・イベント | Comments(0)


<< 今回のお題は「キャルルックの保...      Nostalsic Car M... >>